セブンペイ、被害1500人=金額は3200万円

経済・ビジネス

セブン&アイ・ホールディングスは16日、スマートフォン決済サービス「セブンペイ」が不正アクセスされた問題で、被害が1574人、計約3240万円になったことを明らかにした。11日午後5時時点で集計した。今後も調査を続ける。

同社は、不正アクセスが発覚した直後の4日、クレジットカードによる1万円以上の入金があった場合などから推計し、約900人、計約5500万円の被害の恐れがあると発表していた。

セブンペイは、1日にサービスを開始。利用者のIDを第三者が乗っ取る不正アクセス被害が続出し、4日に新規登録の手続きを停止した。同社は外部の専門家を交え、抜本的な安全策の整備を進めているが、全面的なサービス再開のめどは立っていない。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 消費者対策