雄大な空の旅はいかが=23日から新アトラクション-TDS

社会 文化 経済・ビジネス

東京ディズニーシー(TDS、千葉県浦安市)は17日、飛行機を模した乗り物に腰掛け、雄大な空の旅を楽しめる新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」を報道陣に公開した。世界各地の名所や大自然を見下ろしながら、風や匂いを感じることができ、実際に空を飛んでいるような気分を味わえる。一般公開は23日から。

この屋内アトラクションは海外のディズニーランドでも人気が高い。約180億円を投じ建設したTDSでは、巨大なスクリーンに映ったエジプトのピラミッドやケニアのサバンナ、万里の長城などを眺めながら、座席が傾いたり揺れたりする。日本限定のシーンとして東京タワーを含む夜景も楽しめる。体験時間は約5分。

23日には新たなステージショー「ソング・オブ・ミラージュ」も始まる。冒険家になったミッキーマウスらのライブパフォーマンスのほか、舞台上に映像を投影する「プロジェクションマッピング」で、幻の都市を目指す旅を表現する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽 文化 新サービス