神鋼、品質データ改ざん問題で米司法省の調査終了=処分ないと判断

経済・ビジネス

神戸製鋼所は17日、2017年10月に発覚したアルミ・銅製品などの品質データ改ざん問題に関する米司法省の調査が終了したと発表した。刑事責任を問われ、巨額の罰金が科される恐れが出ていたが、同社は「今後、処分などの手続きに進むことはないと判断した」としている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 米国