G7、リブラ規制で一致=「重大な懸念」共有-財務相会議

経済・ビジネス

【シャンティイ(仏北部)時事】フランス北部のシャンティイで開幕した先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は17日夕(日本時間18日未明)、初日の討議を終えた。米IT大手フェイスブック(FB)が計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について「重大な懸念」を共有。規制を念頭に置いて、迅速に対応することが必要との認識で一致した。会議は18日に成果をまとめた議長総括を出して閉幕する。

主要な国際会議でリブラ計画が本格的に取り上げられたのは初めて。各国の財務省や中央銀行が金融システム安定や金融政策に悪影響を及ぼすとの危機感を募らせる中、G7が足並みをそろえたことで、国際的な規制の枠組みづくりに向けた検討が今後本格化しそうだ。2020年前半の発行を目指すリブラ計画は遅れる可能性がある。

リブラは、銀行口座がなくてもスマートフォンなどでの決済が行えるデジタル通貨。20億人を超えるFB利用者に普及すれば、既存の法定通貨に取って代わる可能性が指摘されている。犯罪組織の資金洗浄(マネーロンダリング)などに悪用されかねないといった懸念もある。

初日の討議後、議長を務めるルメール仏経済・財務相は記者団に対し、リブラについて「重大な懸念がある。緊急的な行動が必要だとの見方を共有した」と説明。「各国は決済制度の効率性への疑念を生じさせると認識した。国家の主権が侵害されてはならない」と指摘した。ルメール氏は会議直前に「(通貨として)必要な要件が満たされていない」とも語っていた。

これに関連して、麻生太郎財務相は17日夜の記者会見で「当局側のタイムリーな対応が必要だ」と強調。「既存の規制が想定していない新たな課題がないか、包括的な検討が必要だ」と語った。

またG7は巨大IT企業などの課税逃れを防ぐデジタル課税の導入についても議論。20年までに国際的なルール作りに合意する作業計画を確認した。世界経済については、今年後半に持ち直すとしつつも、貿易をめぐる緊張に懸念が示された。麻生氏によれば、為替の議論はなかったという。会議には黒田東彦日銀総裁も出席した。

17日、フランス北部のシャンティイで開幕した先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議。前列右から4人目が麻生太郎財務相、左端が黒田東彦日銀総裁(AFP=時事)17日、フランス北部のシャンティイで開幕した先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議。前列右から4人目が麻生太郎財務相、左端が黒田東彦日銀総裁(AFP=時事)

先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の初日の討議終了後に記者会見する麻生太郎財務相=17日、フランス・シャンティイ先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の初日の討議終了後に記者会見する麻生太郎財務相=17日、フランス・シャンティイ

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 フランス