京アニ火災、死者33人=平成以降最悪-確保の男、ガソリンまき「死ね」・京都

社会

京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日に発生した爆発火災で、新たに32人の死亡が確認され、死者は計33人となった。京都府警捜査1課などによると、当時74人が建物内におり、負傷した35人を搬送、6人の無事が確認された。

警察庁によると、放火と断定された事件の死者数としては、平成以降最悪となった。

捜査関係者によると、身柄を確保された男(41)は所持していた免許証からさいたま市在住と判明。1階出入り口付近でバケツのようなものに入ったガソリンをまき、火をつけたとみられる。建物に入った直後に爆発が起き、「死ね」と叫んだという。建物前の路上では、包丁数本が入ったかばんやハンマーなどが見つかった。

現場付近のガソリンスタンドでは、不審な男が20リットルの携行缶二つにガソリンを購入。同課は付近で移し替え、台車に載せて運んだとみて、殺人と現住建造物等放火の疑いで調べている。

男はスタジオから約100メートル離れた場所で確保され、その際「液体をまいて火をつけた」と話した。全身にやけどを負い、病院に搬送されたため事情聴取は行われていないが、元従業員ではないという。

京都アニメーションの八田英明社長によると、数年前から社員の殺害を予告するメールなどが相次いでおり、警察に被害届を出していたという。同課は男との関係を慎重に調べる。

同課などによると、遺体は1階で2人、2階で11人、3階に上がる階段で1人、屋上に上がる階段で19人が見つかった。男性が12人、女性が20人、性別不明が1人。搬送された35人のうち、16人が入院、意識がない人もいるという。

消防によると、火災は鉄骨コンクリート3階建て約690平方メートルを全焼し、約5時間後に消し止められた。屋上に通じる階段では、折り重なるように人が倒れていた。

爆発火災があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後、京都市伏見区(時事通信ヘリより)爆発火災があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後、京都市伏見区(時事通信ヘリより)

爆発火災があった「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後、京都市伏見区爆発火災があった「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後、京都市伏見区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 京都市