曙ブレーキ、ファンドの出資受け入れ=経営再建で200億円

経済・ビジネス

自動車部品大手の曙ブレーキ工業は18日、経営再建に向けて、事業再生ファンドのジャパン・インダストリアル・ソリューションズから200億円の出資を受けると発表した。財務基盤を強化するとともに、このファンドから役員派遣などの支援も受け、事業の立て直しを加速させる。

曙ブレーキは、米国の大手自動車メーカーからの受注が減少したことで業績が急激に悪化。今年1月に私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を申請した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般