トヨタ、五輪専用EVを発表=高齢者らに「会場の足」

経済・ビジネス 科学 技術

トヨタ自動車は18日、2020年の東京五輪・パラリンピック専用に開発した電気自動車(EV)を発表した。小型バスのような外観で、競技会場内などで近距離の移動に使う。各会場は広大なため、高齢者や子ども、妊婦といった移動にサポートが必要な人の「足」として活用してもらう。

EVの名称は「APM(アクセシブル・ピープル・ムーバー)」で、200台を提供する。3列シートで、定員は運転手を含め6人。ボランティアによる運転を想定しており、最高時速は19キロにとどめた。1回の充電で100キロ走行し、会場間の移動にも使う。

トヨタ自動車が公開した2020年東京五輪・パラリンピック専用の電気自動車(EV)「APM」=18日午後、東京都文京区トヨタ自動車が公開した2020年東京五輪・パラリンピック専用の電気自動車(EV)「APM」=18日午後、東京都文京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術