ホワイト国除外、自制を=韓国政府、日本に協議要請

政治・外交

【ソウル時事】韓国産業通商資源省は19日、声明を出し、日本政府が輸出先として信頼できる「ホワイト国」から韓国を除外する方針を示していることについて、「両国経済だけでなく、世界的供給網にも甚大な影響を及ぼす」と懸念を表明した。その上で「措置強行は決して望ましくない」と日本政府に自制を求めた。

また、「韓国の輸出統制制度や運用について日本側との深い論議を希望する」と述べ、局長級協議の開催を要請した。

日本政府は先に発動した半導体材料などの輸出管理強化に関し、優遇措置を停止しただけで「輸出規制の強化ではない」という立場を示している。これに対し、韓国産業通商資源省は「世界的供給網や全世界の消費者に否定的な影響を与え、一国の輸出管理の運用水準を超えている」と指摘。「日本側の主張は説得力に欠ける」と反論した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 韓国