「国際法違反」是正を要求=河野外相、韓国大使に「無礼」-徴用工問題

政治・外交

韓国政府が元徴用工問題をめぐり、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会設置に応じなかったことを受け、河野太郎外相は19日午前、外務省に韓国の南官杓駐日大使を呼び、「非常に残念だ。国際法違反の状態をこれ以上野放しにしないよう、直ちに是正措置を取ることを求めたい」と述べた。また、日本側が拒否した資金拠出案に触れた南氏に対し「極めて無礼」と強い不快感を示した。

会談で、河野氏は「韓国政府が行っていることは、第2次世界大戦後の国際秩序を根底から覆すに等しいものだ」と非難。南氏は「韓国政府に伝える」と応じた上で、半導体材料の輸出規制について「韓日関係の根幹を損なわせ、両国の基本的な関係に損傷を与える状況は一刻も早く解消されるべきだ」と語った。

南氏は、日韓双方の企業による資金拠出で被害者に慰謝料相当額を支給する韓国側の案に言及。河野氏は「全く受け入れられるものではないと以前に伝えている。それを知らないふりして改めて提案するのは極めて無礼だ」と指摘した。

韓国の南官杓駐日大使(右)に遺憾の意を伝える河野太郎外相(左)=19日午前、東京・霞が関の外務省韓国の南官杓駐日大使(右)に遺憾の意を伝える河野太郎外相(左)=19日午前、東京・霞が関の外務省

記者団の取材に応じる河野太郎外相=19日午前、東京・霞が関の外務省記者団の取材に応じる河野太郎外相=19日午前、東京・霞が関の外務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国