日本大使館前の車炎上で男死亡=徴用工問題抗議で自殺か-ソウル

社会

【ソウル時事】ソウルの日本大使館が入居しているビルの前で19日未明に起きた車両炎上で、韓国救急当局によると、乗っていた70代の男が同日、搬送先の病院で死亡した。徴用工問題に抗議するため、車内の可燃物に自ら火を付け、焼身自殺を図った可能性があるとみられている。

聯合ニュースによると、遺書などは見つかっていないが、男は車で移動中、電話で知人に「日本への反感から火を付ける」と話した。また義父が戦時中に徴用されたとの家族の証言もあるという。

19日、ソウルの日本大使館が入るビルの前で、車両の炎上に対応する消防士(AFP時事)19日、ソウルの日本大使館が入るビルの前で、車両の炎上に対応する消防士(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 韓国