らせん階段脇で着火か=確保の男、数日前から現場に-京アニ放火・京都府警

社会

京都市伏見区にある「京都アニメーション」のスタジオが放火され、34人が死亡した事件で、現場近くで確保された青葉真司容疑者(41)が建物内のらせん階段の脇で火を放ったとみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。京都府警はガソリンによる「爆燃現象」が起き、炎と煙がらせん階段を通じて一気に上階に達して、中にいた従業員らが逃げ遅れた可能性があるとみて調べている。

損傷の激しかった男女5人を19日に司法解剖した結果、死因はいずれも焼死だった。青葉容疑者は全身やけどで重篤な状態が続いており、府警は20日午前、京都市内の病院から設備の整った大阪府内の病院にヘリで移送した。

青葉容疑者は18日午前10時ごろ、付近のスタンドで携行缶でガソリン40リットルを購入し、台車で運搬。同10時半ごろ、スタジオ1階の正面玄関から侵入し、バケツのようなものに入ったガソリンをまき、簡易ライターで火を放ったとみられている。

捜査関係者によると、目撃者は青葉容疑者とみられる男が入ってきた直後に爆発が起きたと証言。玄関とらせん階段の間の焼け方が特に激しかったという。

らせん階段は1階から3階まで通じており、消防によると、天井からつり下がる長さ50センチの防煙壁が設置されていたが、爆発的な火災で煙を食い止めることは難しかったとみられる。

また事件前の同6時ごろには、現場から約500メートル離れた公園のベンチで、青葉容疑者とみられる男が横たわっているのが目撃されていた。近所の30代女性によると、男は布団のようなものをかぶって寝ており、近くにポリ袋が置かれていた。

府警はこの公園で携行缶を入れる空き箱を押収。スタジオの玄関シャッターは普段閉じられているが、事件当日は来客に備えて開けられており、青葉容疑者が公園に数日間滞在し現場を下見をした可能性もあるとみて、事件前の足取りの確認を急いでいる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪