トランプ氏、日韓関係打開へ協力の用意=文大統領から仲介依頼

政治・外交

【ワシントン、ソウル時事】トランプ米大統領は19日、貿易問題などで対立が深まる日韓関係について「もし彼らが私を必要とするならば協力する」と述べ、事態打開に向け米国として支援する考えを示した。韓国の文在寅大統領から仲介を依頼されたことも明らかにした。ホワイトハウスで記者団に語った。

トランプ氏は、文氏から「(日本と)主に貿易面で多くの摩擦を抱えている」として、協力を求められたと説明。「私は文大統領が好きだし、安倍晋三首相は特別な男だ」と語り、助力する意向を表明した。

ただ、トランプ氏は日韓の仲介に関し、「フルタイムの仕事をするようなものだ」と困難さも強調。文氏に「幾つの問題で私は関わらなければならないのか」と伝えたと明かし、当初は慎重な姿勢だったことも示唆した。

トランプ氏は日韓関係について「貿易をめぐって緊張を抱えていることは疑いがない」と語ったが、韓国人元徴用工をめぐる問題には触れなかった。

韓国大統領府報道官はこれに関し、文氏が6月30日にソウルで行われた米韓首脳会談で、トランプ氏に「韓日対立に関心を持ってほしい」と要請したと表明。報道官は「当時日本のメディアが経済報復の可能性を報じており、文大統領は対立解消のための外交的努力の一環として言及した」と説明した。

19日、ホワイトハウスで記者の質問に応じるトランプ米大統領(EPA時事)19日、ホワイトハウスで記者の質問に応じるトランプ米大統領(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国 米国