宮迫さんら「すべての皆さまにおわび」=引退は否定-「反社」問題で謝罪会見

社会 文化

反社会的勢力が主催する会合に出席し、金銭を受け取った問題などで19日に吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)が20日、東京都内で記者会見し、「すべての皆さまにおわびさせてください。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。引退については「今は考えていない」と否定した。

会見には「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)も同席し、2人で深々と頭を下げた。

問題発覚から会見まで時間がかかったことについて宮迫さんは「会社側に止められていた」と説明。金銭を受け取ったことも6月上旬に吉本興業側に伝えたが、「静観する」という決定になったという。会見したら関係者全員を「クビにする」とも言われたという。当初「金はもらっていない」と公表したことについては「保身だった」と話した。

田村さんは「会見がだめだということには納得がいかず、本当のことを言えず限界だった。個人的には契約を解除してほしい」と吉本興業への不信感を口にした。引退については「今は考えられない」と答えた。

参加したのが反社会的勢力の会合だったことについては、宮迫さんが改めて「分からなかった」と釈明した。

反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題をめぐり、記者会見で謝罪する宮迫博之さん=20日午後、東京都港区反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題をめぐり、記者会見で謝罪する宮迫博之さん=20日午後、東京都港区

反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題をめぐり、記者会見で謝罪する田村亮さん=20日午後、東京都港区反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題をめぐり、記者会見で謝罪する田村亮さん=20日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化