京アニ放火、男に逮捕状=5人殺害容疑など-一方的恨みで襲撃か・京都府警

社会

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、京都府警は20日、身柄を確保した青葉真司容疑者(41)について、殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕状を取った。全身やけどで入院しており、回復を待って逮捕する方針。

青葉容疑者は確保時に「小説を盗まれたので火を付けた」と供述したが、同社社長は取材に「聞いたことがない名前だ」と証言。府警は、同社に一方的な恨みを募らせて事件を起こした可能性があるとみて、創作の事実があるかなど裏付けを進め、動機を解明する。

逮捕状の容疑は18日午前10時半ごろ、同社の第1スタジオに侵入した上、ガソリンをまいて放火し、従業員5人を殺害した疑い。

放火された「京都アニメーション」のスタジオ付近で花を供え、涙ぐむ女性=20日、京都市伏見区放火された「京都アニメーション」のスタジオ付近で花を供え、涙ぐむ女性=20日、京都市伏見区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 埼玉県 さいたま市 京都市