宮迫さん処分撤回=吉本興業社長が会見-「反社」問題で

社会 文化

吉本興業の岡本昭彦社長は22日、東京都内で記者会見し、所属のお笑いタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取っていた問題について謝罪するとともに、19日に同社から契約解除とされ、20日に自ら謝罪会見を行った「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)の処分を撤回するとの考えを表明した。また、一連の問題の責任を取り、自身と大崎洋会長が1年間、50%減俸とする処分を行うと発表した。

宮迫さんは20日、謹慎処分を受けた「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)とともに記者会見してファンらに謝罪。その場で「会見を開かせてもらえなかった」などと同社への不信感を表明していた。

岡本社長は「つらい思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っている。戻ってきていただくことがあれば全力でサポートしたい」と述べた。

宮迫さんらが、岡本社長から「会見したら全員クビにする」と圧力とも取れる発言を受けたと明かしたことについては、「身内感覚で、父親が『勘当や』みたいなつもりだった」と釈明。2人との話し合いが進まず感情的になったとして、「相手に伝わっていないことは反省しなければいけない」と語った。

岡本社長はまた、再発防止のため、所属タレントが酒席などからでも相談できる「ホットライン」を設ける他、社員を含めコンプライアンスに関する共同確認書を取り交わす準備を進めていることを明らかにした。

この問題では宮迫さん、田村さんを含む所属タレント11人が6月下旬、活動停止の謹慎処分を受けた。13日には宮迫さんが100万円、田村さんが50万円など受け取った金額を公表し、寄付や修正申告を行ったことが発表されていた。

記者会見で涙を拭う吉本興業の岡本昭彦社長=22日午後、東京都新宿区記者会見で涙を拭う吉本興業の岡本昭彦社長=22日午後、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化