日本コカ、酒類本格参入へ=秋めどに全国で缶酎ハイ

経済・ビジネス

日本コカ・コーラは22日、酒類市場への本格参入に向け準備していることを明らかにした。昨年5月から九州限定で試験販売している缶酎ハイについて、今秋をめどに全国展開する方針。主力の炭酸飲料が伸び悩む中、市場拡大が続く缶酎ハイを新たな収益源としたい考えだ。

コカ・コーラグループが自社製品の酒類を販売するのは日本が初めて。日本コカ・コーラは昨年、九州限定でレモンサワー専門ブランド「檸檬堂(れもんどう)」の試験販売をスタートしており、秋以降、全国のスーパーやコンビニエンスストアでも販売していく計画だ。

日本コカ・コーラが九州で試験販売している缶酎ハイ「檸檬堂(れもんどう)」シリーズ(同社提供)日本コカ・コーラが九州で試験販売している缶酎ハイ「檸檬堂(れもんどう)」シリーズ(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新製品 販売・価格改定・販促・見本市など