五輪メダルは渦巻くデザイン=無数の光が反射、金銀は最重量

スポーツ 東京2020

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、五輪メダルのデザインを発表した。各大会のオリジナルとなる裏面は、組市松紋のエンブレム、TOKYO2020の文字、五輪マークの周りを渦が巻くような曲線的なデザイン。

「光や輝き」がテーマ。渦をかたどる曲線はそれぞれ異なる角度で彫られ、無数の光を集めて反射させるデザインになった。作者でデザイナーの川西純市さん(51)は「アスリートの努力と栄光、世界の友情を輝く光の輪でたたえられるようなメダルになればうれしい」とコメントした。作品は応募者421人から審査を経て選ばれた。

表面のデザインは国際オリンピック委員会(IOC)の規定により、アテネのパナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像と五輪マーク、20年東京五輪の正式な大会名称が配置された。

メダル本体の重量は金が約556グラム、銀が約550グラム、銅が約450グラムで、金と銀は夏季五輪では史上最重量。直径は85ミリ。

五輪とパラリンピックを合わせて約5000個のメダルは、不用になった携帯電話や小型家電をリサイクルして集めた金属ですべて制作する。

首に掛けるリボンは藍と紅のカラーで組市松紋を用いたデザイン。視覚障害者が手で触れて順位が分かるように、裏側にシリコーンプリントで金は一つ、銀二つ、銅三つの凸の加工を施した。メダルケースは国産タモ材を使用した藍色で、円形でも立ててディスプレーできる作り。

公開された2020年東京五輪の金メダル(中央)、銀メダル(左)、銅メダルの裏面公開された2020年東京五輪の金メダル(中央)、銀メダル(左)、銅メダルの裏面

公開された2020年東京五輪金メダルの表面公開された2020年東京五輪金メダルの表面

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 東京五輪・パラリンピック 五輪・パラリンピックメダル