契約書なし「競争政策上、問題」=公取事務総長、吉本興業に懸念

政治・外交

公正取引委員会の山田昭典事務総長は24日の定例会見で、吉本興業が所属タレントと契約書面を交わしていなかったとされる問題に関し、一般論として「契約書面が存在しないのは競争政策上、問題がある」との見解を示した。契約内容が不明確になり、独禁法が禁じる「優越的地位の乱用」を誘発する恐れがあると指摘した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 独占禁止政策