東京五輪1年前、盛大にセレモニー=バッハIOC会長「日本のベストを」

スポーツ

2020年東京五輪の開会式まであと1年の節目となった24日、競技会場の一つとなる東京国際フォーラム(千代田区)で五輪1年前セレモニーが開催された。東京都の中高生、岩手、宮城、福島の東日本大震災被災3県の小中学生も招待され、約4000人が参加して盛大に行われた。

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は「大会1年前の時点でここまで準備が整っている都市を見たことがない」とスピーチで賛辞。「日本の豊かな歴史、伝統、最先端のイノベーション、おもてなしの文化など、日本のベストを世界に示すチャンスだ」と激励した。

バッハ会長はオーストラリア、ギリシャ、中国、フランス、米国、セネガル、日本の各オリンピック委員会と、難民選手団の代表に大会への招待状を手渡した。

安倍晋三首相は来賓として出席し、「スポーツこそは世界をつなぐ。来年の大会は改めてこのことを世界に示す機会にしたい」と述べた。

大会組織委員会の森喜朗会長は「五輪の歴史においても、将来に語り継がれるような重要な転換点を担う大会になる」と改めて決意表明。東京都の小池百合子知事は「街のあらゆる段差を解消し、世界最高の大気環境、安全、高品質な水道水で選手と観客を迎える」と約束した。

東京五輪1年前セレモニーに臨む(左4人目から右へ)山下泰裕JOC会長、小池百合子東京都知事、バッハIOC会長、安倍晋三首相、森喜朗大会組織委員会会長ら=24日午後、東京都千代田区東京五輪1年前セレモニーに臨む(左4人目から右へ)山下泰裕JOC会長、小池百合子東京都知事、バッハIOC会長、安倍晋三首相、森喜朗大会組織委員会会長ら=24日午後、東京都千代田区

東京五輪1年前セレモニーであいさつするIOCのトーマス・バッハ会長=24日午後、東京都千代田区東京五輪1年前セレモニーであいさつするIOCのトーマス・バッハ会長=24日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 東北 岩手県 宮城県 東京都