犠牲者34人の身元特定=容疑者は重篤状態続く-京アニ放火・京都府警

社会

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火殺人事件は25日、発生から1週間が経過した。京都府警は同日、犠牲者全員の身元を特定したと発表。遺族に遺体の引き渡しを始めた。一方、大やけどを負った青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状=は重篤な状態が続いており、回復を待って逮捕して調べる方針だ。

犠牲者の身元の公表について府警は、遺族の心情に配慮し、時期や表現について京アニ側などと協議している。京アニは「遺族のプライバシーが侵害され、甚大な被害を受ける可能性がある」として、実名公表を控えるよう府警に要請している。

府警によると、事件は18日午前10時半ごろ発生。正面玄関から侵入した青葉容疑者はバケツに入れたガソリンをまいて火を放つ際、「死ね」と叫んだとされる。気化したガソリンが爆発的に燃焼し、建物内を激しく焼いた。

青葉容疑者は現場近くの路上で身柄を確保されたが、全身に大やけどを負った。京都市内の病院に搬送された後、設備の整った大阪府内の医療機関に移され、皮膚の移植手術を受けた。集中治療室(ICU)に入っており、予断を許さない状況が続いているという。

放火された「京都アニメーション」の第1スタジオ=25日午前、京都市伏見区放火された「京都アニメーション」の第1スタジオ=25日午前、京都市伏見区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪