北朝鮮、弾道ミサイル2発発射=新型か、690キロ飛行-米韓演習に対抗姿勢

政治・外交

【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部などによると、北朝鮮は25日早朝、東部・元山付近から日本海に向け、飛翔(ひしょう)体2発を発射した。韓国政府は同日午後、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、「新たな種類の短距離弾道ミサイル」とする分析結果を発表した。

弾道ミサイル発射は国連安保理決議違反に当たり、国際社会からの批判が強まりそうだ。常任委は「韓米間の精密評価を通じ、最終的に判断する」と説明。「このような北朝鮮の行為は朝鮮半島の軍事的緊張緩和の努力への助けとならない」として、強い懸念を表明した。

発射したのは午前5時34分(日本時間同)ごろと同57分ごろ。飛行距離は1発目が約430キロ、2発目は約690キロで、日本海に落下したとみられる。

移動式発射台(TEL)を使って発射されたといい、飛行最高高度は50~60キロだった。CNNテレビによると、米国防当局者は、5月に発射された2発のミサイルと似ていると指摘した。

北朝鮮は8月に予定される米韓合同軍事演習に反発しており、対抗姿勢を誇示する狙いがありそうだ。また、日本政府の輸出管理強化措置発動などで日韓関係が悪化する中、日米韓の安全保障協力を試そうとの意図もうかがえる。

25日、北朝鮮の飛翔(ひしょう)体発射について、ソウルで記者会見する韓国国防省報道官(EPA時事)25日、北朝鮮の飛翔(ひしょう)体発射について、ソウルで記者会見する韓国国防省報道官(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 韓国 北朝鮮