ヤマト、個人情報3500件流出の恐れ=会員制サービスに不正アクセス

経済・ビジネス

ヤマト運輸は25日、インターネットの個人向け会員制サービス「クロネコメンバーズ」で不正アクセスを許し、住所や氏名、クレジットカード番号など計3467件の個人情報が流出した恐れがあると発表した。悪用されたとの報告はなく、ヤマトは詳しく原因を調べるとともに、再発防止へセキュリティー対策の高度化に取り組むとしている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示