飛翔体発射に反応抑制的=日朝視野、「弾道弾」即断せず-政府

政治・外交

北朝鮮による飛翔(ひしょう)体発射を受け、日本政府は25日、弾道ミサイルかどうか即断を避けるなど抑制的に対応した。トランプ米大統領が米朝協議の進展に意欲を示し、日本としても日朝首脳会談の実現を目指す中、北朝鮮との対話の機運を損なわないよう意識しているとみられる。

安倍晋三首相は、同日朝の飛翔体発射後も山梨県内での静養を切り上げず、医療関係者とゴルフをスタート。休憩前に記者団からコメントを求められ、「わが国の安全保障に影響を与える事態ではないことは確認している。いずれにせよ、今後、米国と緊密に連携していく」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 甲信越 山梨県 北朝鮮 米国