米軍機事故、早期に立ち入り=ガイドライン改定で可能に-日米合意

政治・外交

日米両政府は25日、日米地位協定に基づく米軍機事故に関するガイドライン(指針)の改定で合意した。同指針の改定は初めて。沖縄県などにある米軍基地の外で米軍機が事故を起こした際、日本側による早期の現場立ち入りが可能となる。

河野太郎外相は外務省で記者団に「迅速かつ早期に立ち入りが行われることが明確になった。これまでたびたび指摘されてきたようなことがなくなる」と述べた。岩屋毅防衛相は「必要があれば地元当局も立ち入ることができるようになる」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 米国