ソフトバンクG、新ファンド設立=11.7兆円-AI企業へ投資

経済・ビジネス

ソフトバンクグループは26日、人工知能(AI)関連企業に投資する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」を設立すると発表した。2017年に設立した1号ファンドに次ぐ第2弾で、出資予定額は約1080億ドル(11.7兆円)。投資家との協議は続いており、増える可能性がある。1号の資金を使い切るため、新たにファンドをつくり、継続して投資できる体制を整える。

ソフトバンクGは380億ドル(4.1兆円)を出資する。米アップル社など1号ファンドに出資した既存投資家に加え、新たに米マイクロソフト社、3メガバンクや第一生命保険などの国内金融機関も参加する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場 新サービス