UAE、福島産規制を緩和=食品輸入で報告書不要に-農水省

政治・外交

農林水産省は26日、東京電力福島第1原発事故をきっかけにアラブ首長国連邦(UAE)が講じていた福島県産食品に対する輸入規制が緩和されたと発表した。一部の食品で放射性物質の検査報告書の提出が不要になる。22日にUAEから連絡を受けた。

UAEへ輸出する際、福島県産のすべての食品に添付が必要だった報告書が、水産物とイノシシなどの野生鳥獣肉を除き不要になる。2018年の日本のUAE向け輸出実績は、清涼飲料水やソース混合調味料を中心に34億円。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 アラブ首長国連邦 東北