JDI、主力3行と融資枠延長で合意=1070億円、12月末まで

経済・ビジネス

経営再建中のジャパンディスプレイは26日、主力のみずほ銀行など3行が「コミットメントライン」と呼ばれる融資枠を延長したと正式発表した。契約期限が8月7日に迫っていたが、今回12月30日まで延ばすことで合意。融資枠は1070億円で、筆頭株主の政府系ファンド、INCJ(旧産業革新機構)が引き続き債務保証する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場