釜山市、対日交流事業を中断=「不当な経済報復」撤回要求

政治・外交

【ソウル時事】韓国南部の第2の都市、釜山市は28日、日本政府による輸出管理強化措置発動を受け、日本との行政面での交流事業を関係改善まで中断すると発表した。公務のための職員の訪日も制限する。関係悪化の影響が有力地方自治体の交流事業にも拡大した。

釜山市は声明で、日本政府の措置を「安倍政権の不当な経済報復」と批判。撤回に向け、文在寅政権と共同で対応していくと強調した。中断する交流事業の具体例として、長崎県との「友好交流項目協議書」締結を挙げた。同県ソウル事務所ホームページによれば、協議書は2014年に締結され、毎年更新している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国