原画データ無事回収=サーバー焼損免れ-京アニ

社会 文化

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、同社は30日までに、焼損を免れたサーバーから原画などのデータを無事に回収できたと明らかにした。

第1スタジオは鉄筋コンクリート3階建てで、全焼した。代理人の桶田大介弁護士によると、同スタジオで制作中の作品の原画などはほとんど失われたが、一部についてはデジタル化して保存していた。

サーバーが置かれた1階の部屋は、ガソリンがまかれたらせん階段付近から離れた奥に位置し、上下四方がコンクリートに覆われていた。焼損を免れ、消火活動で水をかぶった様子もなかったという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 事件・犯罪 京都市