ディープインパクト死す=無敗の三冠馬、種牡馬でも活躍-競馬

スポーツ

中央競馬の牡馬クラシック三冠馬で、種牡馬としても多くの活躍馬を輩出したディープインパクトが30日に死んだと繋養先の社台スタリオンステーション(北海道安平町)が発表した。17歳だった。以前から治療を続けていた頸部(けいぶ)の手術を28日に受けて術後の経過は安定していた。しかし、29日に突然起立不能となり、30日朝の検査で頸椎(けいつい)に骨折が見つかり、回復の見込みがないことから安楽死の処置が取られた。

日本の競馬史を塗り替えた名種牡馬サンデーサイレンスを父に持ち、2004年12月にデビュー。05年に皐月(さつき)賞、日本ダービー、菊花賞をシンボリルドルフ以来、史上2頭目となる無敗のままで制覇した。

06年には世界最高峰レースの一つ、フランスの凱旋(がいせん)門賞に挑戦して3着に敗れた後、禁止薬物が検出されて失格となったが、ジャパンカップ、有馬記念は優勝。中央競馬のGIでは最多に並ぶ7勝、通算14戦12勝の成績をマークし、全てのレースで武豊騎手が手綱を取った。

武豊騎手は日本中央競馬会を通じて「体調が良くないと聞いていたので心配していたが残念。私の人生において本当に特別な馬。彼にはただただ感謝しかない」との談話を出した。

06年限りで引退して種牡馬となり、08年には顕彰馬として殿堂入り。子どもたちも次々と活躍し、12年にディープブリランテが日本ダービーを制し、ジェンティルドンナが3歳牝馬3冠を獲得した。

12年からは7年連続でリーディングサイアー(子の獲得総賞金1位)に輝いた。19年の天皇賞・春をフィエールマンが制し、種牡馬として史上4頭目となる八大競走(クラシック5競走、春秋の天皇賞、有馬記念)完全制覇を達成した。

大勢のファンで埋まったスタンドからの大歓声を受け、最後の直線で後続を大きく引き離し有馬記念を制したディープインパクトと武豊騎手(右端)=2006年12月、千葉・中山競馬場大勢のファンで埋まったスタンドからの大歓声を受け、最後の直線で後続を大きく引き離し有馬記念を制したディープインパクトと武豊騎手(右端)=2006年12月、千葉・中山競馬場

ジャパンカップを制し歓声に応える武豊騎手とディープインパクト=2006年11月、東京競馬場ジャパンカップを制し歓声に応える武豊騎手とディープインパクト=2006年11月、東京競馬場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 競馬 北海道