物価失速の恐れなら追加策=黒田総裁「予防的緩和も」-日銀会合

経済・ビジネス 政治・外交

日銀は30日の金融政策決定会合で、現行の金融政策を維持する一方、世界経済の減速などで物価上昇が失速する恐れが高まれば「追加的な金融緩和措置」を講じる方針を声明文に明記した。黒田東彦総裁は記者会見で「物価の勢いが損なわれるリスクを未然に防ぐため、必要ならちゅうちょなく政策対応する」と強調。欧米の中央銀行が緩和スタンスを強める中、「予防的な緩和」に踏み切る可能性を示した。

黒田総裁はこれまで「物価上昇の勢いが損なわれれば、ちゅうちょなく追加的な緩和措置を講じる」と繰り返してきた。だが、会見で黒田総裁は、勢いが損なわれていなくても「その恐れが高まった場合には追加緩和を行う」と説明。「足元で『恐れ』が高まっているとは言えない」としつつ、「これまでよりも金融緩和に向けてかなり前向きになった」と踏み込んだ。

記者会見する日銀の黒田東彦総裁=30日午後、日銀本店記者会見する日銀の黒田東彦総裁=30日午後、日銀本店

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 流通・物価(CPIなど物価指数) 金融政策