全会員パスワードをリセット=スマホ決済不正で対策強化-セブン&アイ

経済・ビジネス

セブン&アイ・ホールディングスは30日、スマートフォン決済サービス「セブンペイ」などの利用に必要な共通ID「7iD」の全会員約1650万人のパスワード(PW)を一斉にリセットしたと発表した。セブンペイの不正アクセス問題を受けてのセキュリティー強化の一環。

利用継続には、新たなPWを登録する必要があり、設定条件も厳格化した。PW変更で不正アクセス防止を期待できるという。7iDとPWは、セブンペイのほか、グループのインターネット通販サイト「オムニ7」などを利用する際も必要になる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策