ゲーム不振、純利益3割減=通期売上高を下方修正-ソニー4~6月期

経済・ビジネス

ソニーが30日発表した2019年4~6月期連結決算は、ゲームやテレビの販売減により純利益が前年同期比32.8%減の1521億円となった。売上高は1.4%減の1兆9257億円。20年3月期の通期では、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」の販売見込みを100万台引き下げ、全体の売上高を2000億円下方修正し、8兆6000億円と減収予想とした。

ソニーの2019年4~6月期決算について説明する十時裕樹専務=30日午後、東京都港区ソニーの2019年4~6月期決算について説明する十時裕樹専務=30日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想