青葉容疑者、小説応募か=京アニに同姓同名の記録-自宅に原稿用紙も・京都府警

社会

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで35人が死亡した放火殺人事件で、同社の代理人弁護士は30日、青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状=と同姓同名の人物から過去に小説の応募があったと明らかにした。同容疑者は身柄確保時に「小説を盗まれた」と話しており、京都府警は関連を調べる。

代理人の桶田大介弁護士によると、応募者の住所と府警が公表した容疑者の一部住所も一致していた。小説は形式面に関する一次審査を通過しなかったため、社内で情報が共有されていなかったと説明している。

同社は当初、同容疑者が小説を応募した記録がないと発表していた。改めて確認したところ判明したという。

京アニは小説を公募し大賞作品などをアニメ化するほか、ライトノベルも出版している。桶田弁護士は「これまで制作された弊社作品との間に、同一または類似の点はないと確信している」と述べた。

一方、捜査関係者への取材で、さいたま市見沼区の青葉容疑者の自宅アパートから、原稿用紙が押収されていたことも分かった。他に京アニ関連を含む複数のアニメグッズを押収したという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪