北朝鮮、弾道ミサイル2発発射=東部から250キロ飛行か

政治・外交

【ソウル、ワシントン時事】韓国軍などによると、北朝鮮は31日午前5時(日本時間同)すぎ、東部・元山付近から北東の日本海上に向け飛翔(ひしょう)体2発を発射した。韓国軍は「短距離弾道ミサイル」と発表した。発射したのは午前5時6分ごろと同27分ごろで、約250キロ飛行、最高高度は約30キロと推定されている。韓国政府は発射を受け、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、対応を協議した。

韓国軍合同参謀本部は「さらなる発射に備え、関連動向を監視し、対応態勢を維持している」と表明した。複数の米メディアによると、米政府当局者も発射されたのは短距離弾道ミサイル2発と考えている。

日本の防衛省は「わが国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていない」と発表。日本の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来も確認していない。

北朝鮮は25日、元山近くから短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体2発を発射。北朝鮮メディアによれば、金正恩朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、「新型戦術誘導兵器」の発射が行われた。韓国軍当局者は地元記者団に対し、「25日発射のミサイルと似た種類の可能性を念頭に分析中だ。試験発射とみられる」と述べた。

正恩氏は、8月に予定される米韓合同軍事演習の中止を要求しており、演習に対抗するため、発射を繰り返す可能性もある。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 韓国 北朝鮮