野村、大幅増益=大和と日興は減益-4~6月期

経済・ビジネス

野村ホールディングス(HD)が31日発表した2019年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比10.7倍の558億円となった。コスト削減や商品戦略見直しなどが寄与した。

一方、大和証券グループ本社とSMBC日興証券は、いずれも減益で明暗を分けた。米中貿易摩擦に対する懸念を背景に株式取引の低迷が続き、手数料収入が落ち込んだ。

野村HDは、厳しい市場環境の中で個人部門が振るわなかったが、法人部門などがこれを補った。北村巧財務統括責任者は「(不採算部門の縮小といった)構造改革の成果が表れ始めた」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想