天皇陛下が初のお言葉=臨時国会が開会

政治・外交

第199臨時国会が1日、召集された。天皇陛下は5月1日の即位後初めて開会式に臨み、「国会が、国権の最高機関としてその使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します」とお言葉を述べられた。

陛下は、上皇さまが天皇だった2016年参院選後の臨時国会で述べたお言葉をほぼ踏襲した。

開会式には安倍晋三首相ら衆参両院議員が出席。先の参院選で初当選したれいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両氏も車いすで参加した。

参院は午前の本会議で、議長に自民党の山東昭子元副議長、副議長に立憲民主党の小川敏夫元法相をそれぞれ選出。衆院は特別委員会設置などを決める本会議を午後に開いた。

会期は5日までの5日間で、法案審議などは行われない。与野党の本格論戦は10月召集の見通しの臨時国会からとなる。

参院本会議で議長に選出され、議長席に座る山東昭子氏(中央)=1日午前、国会内参院本会議で議長に選出され、議長席に座る山東昭子氏(中央)=1日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政党