「飛ぶバイク」、秋に予約開始=東京モーターショーでアピール

経済・ビジネス

小型無人機などを開発するベンチャー企業A.L.I.テクノロジーズ(東京)は1日、地上から浮いて移動するバイク型の乗り物「ホバーバイク」の購入予約受け付けを、10月から始める方針を明らかにした。同時期に開かれる東京モーターショーに出展。最新技術をアピールし、海外の富裕層への売り込みを目指す。

予約を始めるのは約100台限定のモデル。機体下部のプロペラで地上から最大約10メートル浮かび、最高時速約200キロで移動できるという。主にレジャーでの利用を想定しているが、国内の公道での使用はまだ認められていない。価格は高級スポーツカー並みの見通し。2020年後半ごろの引き渡し予定で、同年初めには中東のドバイで試乗会も開く。

小型無人機などを開発するベンチャー企業A.L.I.テクノロジーズが開発を進める「ホバーバイク」(同社提供)小型無人機などを開発するベンチャー企業A.L.I.テクノロジーズが開発を進める「ホバーバイク」(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 東京都