リクナビ、内定辞退をAIで予測・販売=就活生への説明不足

経済・ビジネス

就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)は1日、就職活動中の学生が内定を辞退する確率を人工知能(AI)で予測し、38社に販売していたと発表した。政府の個人情報保護委員会から学生への説明が不十分だと指摘されたため、7月31日付で販売を休止した。

問題となったのは、同社の「リクナビDMPフォロー」というサービス。リクナビ登録時の学生の同意を踏まえ、サイト上の行動履歴などをAIで解析・予測し、結果を2018年3月から38社に販売していた。合否判定にデータを活用しないことを確約した企業だけに提供していたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 経営一般 消費者対策