くら寿司子会社、米で上場=店舗網拡大に弾み

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】大手回転ずしチェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司の米子会社が1日、ナスダック市場に株式を上場した。資金調達や知名度向上を通じ、店舗網拡大に弾みをつける。

取引初日の終値は19.61ドル(約2100円)と、公募価格(14ドル)を4割上回った。記者会見したくら寿司の田中邦彦社長は、手頃で利便性の高い回転ずしは「世界に和食を広げる最高のシステム」と強調。今後の事業展開に自信を示した。

同社は2009年に米国に初出店し、現在22店舗を展開。23年度までに店舗数を倍増させる考えだ。

米ナスダック証券取引所前で、株式上場を祝うくら寿司関係者=1日、米ニューヨーク米ナスダック証券取引所前で、株式上場を祝うくら寿司関係者=1日、米ニューヨーク

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場 米国