死刑囚2人の刑執行=神奈川、福岡の連続女性殺害-昨年末以来・法務省

社会 政治・外交

法務省は2日、神奈川県大和市で2001年に主婦2人が殺害された事件で強盗殺人などの罪で死刑が確定した庄子幸一死刑囚(64)と、福岡県内で04~05年、女性3人を殺害した強盗殺人などの罪で死刑が確定した鈴木泰徳死刑囚(50)の刑を執行し、発表した。執行は18年12月以来で、山下貴司法相の下では2度目。

記者会見した山下法相は「慎重な上にも慎重な検討を加えた」と述べた上で、「複数の女性を狙った許し難い犯行。極めて残忍な事件だ」と語った。7月31日に執行命令書に署名したという。

法務省によると、拘置所に収容中の確定死刑囚は110人になった。

死刑執行について記者会見する山下貴司法相=2日午前、法務省死刑執行について記者会見する山下貴司法相=2日午前、法務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 法務行政