岩田社長の退任決定=ヤフーと対立-アスクル総会

経済・ビジネス

オフィス用品通販大手アスクルは2日、東京都内で株主総会を開催した。合わせて過半の株式を握る筆頭株主のヤフーと第2位株主の文具大手プラス(東京)の反対で、岩田彰一郎社長と社外取締役3人の再任案が否決され、4人の退任が決まった。アスクルは総会後の取締役会で吉岡晃取締役を後任社長に選んだが、創業者岩田氏の事実上の解任で、ヤフーの影響力が強まりそうだ。

吉岡新社長は2日、都内で会見し、今後のヤフーとの関係について「基本スタンスは変わっていない」と述べ、資本提携の解消を目指す一方、望ましい協力の在り方を模索していく考えを強調。減員となった社外取締役を補充するため、臨時株主総会を開催する意向も示した。

ヤフーとプラスは、アスクルの業績不振などを理由に岩田氏再任に反対していた。アスクル側はヤフーから個人向けインターネット通販事業「LOHACO(ロハコ)」の譲渡を求められ、拒否したところ、岩田氏の退任を迫られたと説明。「支配株主の横暴だ」と反発してヤフーに資本・業務提携の解消を求め、対立していた。

総会後に記者会見した岩田氏は「不本意な結果だが、きょうをもって経営から退く」と述べた。新経営陣に対しては「支配株主の強いプレッシャーがあるが、少数株主を思い出して行動してほしい」と求めた。

オフィス用品通販大手アスクルの株主総会の看板=2日午前、東京都千代田区オフィス用品通販大手アスクルの株主総会の看板=2日午前、東京都千代田区

コメントを発表するアスクルの岩田彰一郎氏=2日午後、東京都千代田区コメントを発表するアスクルの岩田彰一郎氏=2日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 提携・合併・買収