京セラ、複合機をベトナム移管=生産見直し、対中関税第4弾で

経済・ビジネス

京セラは2日、北米向け複合機の生産を中国からベトナムに移管する方針を明らかにした。トランプ米大統領の対中制裁関税「第4弾」の発動表明を受け、生産体制の見直しを加速させる。

谷本秀夫社長が同日の決算記者会見で述べた。谷本氏は制裁関税第4弾について「金額的に(影響が)一番大きいのは複合機」と指摘。その上で「(移管には)数カ月かかる」との見通しを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 生産 中国 ベトナム