河野外相「国民感情傷つける」=日本政府抗議-ロシア首相の択捉訪問

政治・外交

ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問したことを受け、日本政府は2日、外交ルートを通じて強く抗議した。河野太郎外相は「日本国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」と非難する談話を発表。領土問題をめぐりロシア側が譲歩しない姿勢を改めて示したことで、安倍晋三首相が取り組む平和条約締結交渉はさらに困難さを増しそうだ。

政府は「ロシア政府要人による北方四島訪問は、領土問題に関するわが国の立場と相いれない」として訪問見送りを求めてきた。河野氏は談話で「精力的に平和条約交渉が行われている中で訪問したことは、日ロ関係に資するものでは到底ない。ロシア側には今後の日ロ関係の前進のために建設的な対応を強く求めていく」と強調した。

外務省の正木靖欧州局長はロシアのビリチェフスキー駐日臨時代理大使に電話で抗議した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ロシア