豪、川崎汽船にカルテル罰金25億円=連邦裁判所

経済・ビジネス

【シドニー時事】オーストラリアの連邦裁判所は、川崎汽船が豪州向けの自動車海上輸送でカルテルを結び価格操作を行ったとして、3450万豪ドル(約25億円)の罰金支払いを命じた。豪州で摘発されたカルテル事件で科された罰金としては過去最高額。刑事告訴した豪競争・消費者委員会(ACCC)が2日発表した。

判決によると、同社は2009~12年、乗用車やトラック、バスの海上輸送で価格を操作するため、他社とカルテルに関与した。

自動車海上輸送のカルテル事件では、日本郵船も17年8月、2500万豪ドルの罰金を命じられている。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 経営一般 オーストラリア