ポンペオ氏、対立緩和促す=河野・康氏、主張は平行線-日米韓外相会談

政治・外交

【バンコク時事】日米韓3カ国の外相は2日、バンコクで会談した。日韓両国が徴用工問題や日本による輸出規制強化をめぐり激しく対立する中、ポンペオ米国務長官は「日韓が協力して前に進むことを促したい」と述べ、対立の緩和を要請した。これに対し河野太郎、康京和両外相の主張は平行線をたどった。

会談で康氏は、輸出に関する優遇対象国から韓国を除外した日本の決定を撤回するよう求めた。河野氏は「輸出管理は国際社会の責任ある一員がやらなければいけないことで、貿易を阻害する性質のものではない」と述べ、徴用工問題の対抗措置ではないとの立場を強調した。

康氏は会談後、ポンペオ氏が「米国ができる役割を果たす」と発言したと説明した。韓国メディアは、同氏が「3カ国が域内のさまざまな挑戦に直面する中、韓日間の争いが続く状況に憂慮を表明した」と報じた。

一方、河野氏は会談で、徴用工問題で日本が取っている対応の正当性を訴えた。日本側によると、会談でポンペオ氏から「一時休戦」といった具体的な提案はなかったという。

会談を終えた(左から)韓国の康京和外相、ポンペオ米国務長官、河野太郎外相=2日、バンコク(AFP時事)会談を終えた(左から)韓国の康京和外相、ポンペオ米国務長官、河野太郎外相=2日、バンコク(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 韓国 米国