NEC、空飛ぶ車の実験公開=物流輸送で23年実用化目指す

経済・ビジネス 科学 技術

NECは5日、電動プロペラで空中を移動する「空飛ぶ車」の公開実験を千葉県我孫子市内で実施した。空飛ぶ車は緊急時の人命救助や都市部の渋滞対策に役立つと期待され、国内外で開発が活発化している。同社は2023年にも物流輸送での実用化を目指す。

試作機は全長3.9メートル、全幅3.7メートル、高さ1.3メートルで、重量は約150キロ。二重にした電動プロペラを機体の四隅に搭載した。この日の実験で機体は3メートルの高さまで垂直に浮上し、30秒ほど空中にとどまった。NECは実験で集めたデータを基に、空飛ぶ車同士の事故を防ぐための管制システムなどの開発を進める。

「空飛ぶ車」試作機の公開実験=5日午前、千葉県我孫子市「空飛ぶ車」試作機の公開実験=5日午前、千葉県我孫子市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 情報開示 科学 技術 新技術 エアモビリティ