核禁止条約への姿勢非難=被爆者団体、安倍首相に-広島

社会 文化

広島の被爆者7団体は6日、広島市内のホテルで安倍晋三首相と面談した。団体の代表らは、2017年7月に国連で採択された核兵器禁止条約に署名しない日本政府の姿勢について「唯一の被爆国でありながら、条約に反対し続けている」と非難し、批准を強く求めた。

これに対し首相は、「アプローチは異なるものの、目標は共有している。非核三原則を堅持して、国際社会の取り組みをリードする」と答えるにとどめた。

団体の代表らは、被爆者の認定制度改善や支援策拡充も要望した。

安倍晋三首相に要望する広島の被爆者団体代表ら=6日午前、広島市安倍晋三首相に要望する広島の被爆者団体代表ら=6日午前、広島市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化・歴史(文系的) 文化 中国 広島市