ソフトクリーム大手の10億円申告漏れ指摘=大阪国税局

社会

ソフトクリーム大手「日世」(大阪府茨木市)が大阪国税局などの税務調査を受け、2017年までの3年間で約10億円の申告漏れを指摘されたことが6日、関係者への取材で分かった。追徴税額は約2億円で、既に全額納付されたという。

関係者によると、同社は製造マニュアルなどを中国の子会社に提供。子会社はそれらを基に商品を製造し、中国国内の別の会社を通じ顧客に販売していたとみられる。大阪国税局は子会社の売り上げの一部が親会社の実質的な所得に当たると判断した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 中国