曙ブレーキ、債務超過に=リコールで特損78億円-4~6月期

経済・ビジネス

経営再建中の自動車部品大手、曙ブレーキ工業が6日発表した2019年4~6月期連結決算は、純損益が88億8700万円の赤字(前年同期3億3000万円の赤字)だった。ブレーキのリコール(回収・無償修理)関連費用で78億円の特別損失を計上し、6月末は純資産ベースで4億円の債務超過に転落した。

同社は北米事業の不振で業績が悪化したため、私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を活用し、経営再建を進めている。財務強化に向け、事業再生ファンドから200億円の出資を受け入れる予定だ。記者会見した荻野好正副社長は「第2四半期(9月末)は何とか資産超過の状態に戻れると考えている」と語った。

2019年4~6月期連結決算について記者会見する曙ブレーキ工業の荻野好正副社長(右)=6日午後、東京都中央区2019年4~6月期連結決算について記者会見する曙ブレーキ工業の荻野好正副社長(右)=6日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想